top
50
ISO9000の「品質マネジメントシステム― 基本及び用語」
・妥当性確認とは,客観的証拠を提示することによって,特定の意図された用途又は適用に関する要求事項が満たされていることを確認することをいう。
・有効性とは,計画した活動が実行され,計画した結果が達成された程度をいう。
・力量とは,知識と技能を適用するための実証された能力をいう。
・品質マネジメントシステムとは,品質に関して方針と目標を定め,組織を指揮し,目標を達成するための管理システムである。
・手直しとは,要求事項に適合させるために,不適合品に対してとる処置で,手直し後に再検査を行い,合格の判定の後,次工程に進む。
・予防処置とは,まだ発生していないが起こり得る不適合を未然に防ぐためにとる処置のことである。

・有効性とは,計画した活動が実行され,計画した結果が達成された程度をいう。
>49 >51