ホーム 戻る
1級建築施工管理技士・2級建築施工管理技士、建設関連資格受験者支援サイト。
資格試験情報
(財)建設業振興基金
テキスト・問題集
合格体験談
Yahoo! オークション
Yahoo!オークション施工管
求人・転職
建築関連法令一覧
2級建築施工管理技士
リンク

掲示板
2級建築施工管理技士
1級建築施工管理技士
メッセージボード
ファイル画像アップローダ


Yafoo! オークション

まずは、ここから
 
Yahoo! オークション
建築士
Yahoo! オークション
二級建築士
Yahoo! オークション
施工管理
Yahoo! オークション
1級建築施工管理


建築関連法令一覧
 

建築関連法令等
建築基準法
建築基準法施行規則
建築基準法施行令

建築士法

建築士法施行規則

建築士法施行令

建設業法
建設業法施行令
建設業法施行規則
都市計画法

都市計画法施行令

都市計画法施行規則
宅地造成等規制法
宅地造成等規制法施行令
消防法
消防法施行令
消防法施行規則
労働安全衛生法
労働安全衛生法施行令
労働安全衛生規則
その他建築関連法令一覧

平成29年度

2級建築施工管理技術検定


試験実施機関:
(財)建設業振興基金

 
2級建築施工管理技士は、建設業法に定められた営業所ごとに置く専任の技術者、工事現場に置く主任技術者となる資格要件

実務経験の工事種別と【受験種別】
【建築】
建築一式に関する工事の実務経験
■建築一式工事
■大工(一式)工事
【躯体】
建築工事のうち、主として主要構造部分に関する工事の実務経験
■型枠工事
■とび・土工・コンクリート工事
■鋼構造物工事
■鉄筋工事
■ブロック工事
【仕上げ】
建築工事のうち、主として内外装に関する工事の実務経験
■造作工事■左官工事
■石工事■屋根工事
■タイル・レンガ工事
■板金工事■ガラス工事
■塗装工事■防水工事
■内装仕上工事
■建具工事■熱絶縁工事

工事種別及び作業内容ごとに、施工管理業務(建設工事における工程・品質・安全管理)を的確に行った実務経験が必要です。2級建築施工管理技術検定試験は「3種別」(建築・躯体・仕上げ)に分かれています。仕事内容に応じ、該当するものを一つ選択し受験します。

実務経験の作業内容

◇ 現場施工(技能工の現場における施工作業)
◇ 施工管理(請負者の立場での現場管理業務)
◇ 総合管理(総括的な立場での現場管理業務)
◇ 設計監理(設計者の立場での工事監理業務)
◇ 施工監督(発注者の立場での工事監理業務)

受験者数・合格率データ
年度 分類 受験者数 合格者数 合格率
11年度 学科 12,595人 6,989人 55.5%
実地 8,165人 5,865人 71.8%
12年度 学科 12,595人 8,124人 66.8%
実地 9,612人 8,228人 85.6%
13年度 学科 10,243人 5,040人 49.2%
実地 5,902人 4,635人 78.5%
14年度 学科 10,159人 6,365人 62.7%
実地 7,117人 4,488人 63.1%
15年度 学科 12,604人 6,404人 50.8%
実地 14,378人 4,402人 30.6%
16年度 学科 12,850人 8,186人 63.7%
実地 14,933人 6,257人 41.9%
17年度 学科 13,180人 8,133人 61.7%
実地 15,632人 5,296人 33.9%
18年度 学科 20,114人 8,329人 41.4%
実地 16,437人 5,901人 35.9%
19年度 学科 21,766人 10,171人 46.7%
実地 17,168人 6,100人 35.5%
20年度 学科 22,920人 13,078人 57.1%
実地 19,778人 7,137人 36.1%
21年度 学科 23,081 8,044 34.9%
実地 22,101 6,876 31.1%
22年度 学科 22,980 9,820 42.7%
実地 19,929 6,707 33.7%
23年度 学科 20,402 9,739 47.7%
実地 18,127 6,272 34.6%
24年度 学科 20,461 11,474 56.1%
実地 18,026 6,154 34.1%
25年度 学科 21,097人 8,482人 40.2%
実地 19,496人 5,863人 30.1%
26年度 学科 24,306人 11,651人 47.9%
実地 20,388人 6,832人 33.5%
28年度 学科 31,466人 16,331人 51.9%
実地 26,815人 10,437人 38.9%



2級建築施工管理技士
掲 示 板

学科・実地
テキスト・問題集







問題集
2級建築施工管理技術検定試験問題解説集録版 2016年版
地域開発研究所
価格: ¥4,320(税込)
・過去5年間(H23-27)の出題全問題を集録[建築・躯体・仕上げの三種別]、 全問の選択肢ごとに“なぜ誤っているのか、どうして正しいのか”を詳細に解説。
・2級建築施工管理技術検定「学科試験」「実地試験」を受験される方々のための問題集。過去に出題された問題を年度順に編集。巻頭には出題傾向を一覧にしているので学習対策にも便利。
・「実地試験」に出題される施工経験記述の対策資料を一層充実。
・過去の問題に数多く触れる事が合格への近道。

問題集
2級建築施工管理技士学科問題解説集
著者: 日建学院教材研究会
価格: ¥ 2,376円 (税込)
●項目別の重要設問肢を1問1答形式で掲載。
●分野ごとの要点整理、重要ポイントの確認、学習の総まとめに!
●実地試験問題は、過去7年分を問題別・項目別に掲載!

試験用語集
建築施工管理技士試験用語集
東洋書店
2,625円(税込)
過去に出題された試験問題から重要用語約1400を厳選、1級・2級両対応。平易な解説に図版多数収録、施工未経験者も理解しやすい試験対策用語集。
種目 試験区分 二級技術検定試験科目 二級技術検定試験基準
建築施工管理 学科試験 建築学等 1 建築一式工事の施工に必要な建築学、土木工学、電気工学及び機械工学に関する概略の知識を有すること。
2 設計図書を正確に読みとるための知識を有すること。
施工管理法  建築一式工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する概略の知識を有すること。
躯体施工管理法  建築一式工事のうち基礎及び躯体に係る工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する一般的な知識を有すること。
仕上施工管理法  建築一式工事のうち仕上げに係る工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する一般的な知識を有すること。
法規  建設工事の施工に必要な法令に関する概略の知識を有すること。
実地試験 施工管理法 1 建築材料の強度等を正確に把握し、及び工事の目的物に所要の強度、外観等を得るために必要な措置を適切に行うことができる一応の応用能力を有すること。
2 設計図書に基づいて、工事現場における施工計画を適切に作成し、及び施工図を適正に作成することができる一応の応用能力を有すること。
躯体施工管理法 1 基礎及び躯体に係る建築材料の強度等を正確に把握し、及び工事の目的物に所要の強度等を得るために必要な措置を適切に行うことができる高度の応用能力を有すること。
2 設計図書に基づいて、建築一式工事のうち基礎及び躯体に係る工事の工事現場における施工計画を適切に作成し、及び施工図を適正に作成することができる高度の応用能力を有すること。
仕上施工管理法 1 仕上げに係る建築材料の強度等を正確に把握し、及び工事の目的物に所要の強度、外観等を得るために必要な措置を適切に行うことができる高度の応用能力を有すること。
2 設計図書に基づいて、建築一式工事のうち仕上げに係る工事の工事現場における施工計画を適切に作成し、及び施工図を適正に作成することができる高度の応用能力を有すること。
2級建築施工管理  >  過去問
平成26年度 本試験問題 平成25年度 本試験問題
学科試験問題
(2級建築施工)
学科試験問題
(2級建築施工)
学科解答(建築) 学科解答(建築)
学科解答(躯体) 学科解答(躯体)
学科解答(仕上げ) 学科解答(仕上げ)
実地試験問題 実地試験問題
 
平成24年度 本試験問題 平成23年度 本試験問題 平成22年度 本試験問題 平成21年度 本試験問題 平成20年度 本試験問題
学科試験問題
(2級建築施工)
学科試験問題
(2級建築施工)
学科試験問題
(2級建築施工)
学科試験問題
(2級建築施工)
学科試験問題
(2級建築施工)
学科解答(建築) 学科解答(建築) 学科解答(建築) 学科解答(建築) 学科解答(建築)
学科解答(躯体) 学科解答(躯体) 学科解答(躯体) 学科解答(躯体) 学科解答(躯体)
学科解答(仕上げ) 学科解答(仕上げ) 学科解答(仕上げ) 学科解答(仕上げ) 学科解答(仕上げ)
実地試験問題 実地試験問題 実地試験問題 実地試験問題 実地試験問題
平成21年度 2級建築施工管理 実地試験問題1・2
問題1
あなたが経験した建築工事(土木工事、設備工事等を除く)のうち、あなたの受検種別にかかる工事を1つ選び、
下記に示す工事概要を記入した上で、次の問いに答えなさい。
なお、建築工事とは、建築基準法に定める建築物に係る工事とする。ただし、建築設備工事を除く。


〔工事概要〕
イ、工事名
ロ、工事場所
ハ、工事の内容(新築等の場合:建物用途、構造、階数、延べ面積又は施工数量、主な外部仕上げ、主要室の内部仕上げ
   改修等の場合:建物用途、主な改修内容、施工数量又は建物規模)

ニ、工期(年号又は西暦で年月まで記入)
ホ、あなたの立場
ヘ、あなたの具体的な業務内容

1.上記の工事概要であげた工事で、あなたが実際にかかわった工種において、その工事を施工するに当たり、品質を確保するため特に留意した点とその理由及びそのためにあなたが実際に行ったことを、3つ具体的に、工種名(鉄骨工事、防水工事など)をあげて記述しなさい。
ただし、「設計図どおり施工した。」など施工上行ったことを具体的に記述していないものや、品質以外の工程管理、安全管理についての記述は不可とする。
なお、工種名については、同一の工種名でなくてもよい。

2.上記の工事概要であげた工事及び受検種別にかかわらず、あなたの今日までの工事経験に照らして、品質の良い建物を造るための品質管理の方法とそれが良い方法だと考える理由を、2つ具体的に記述しなさい。
ただし、2つの解答はそれぞれ異なる内容の記述とし、また、上記1.の解答と同じ内容の記述は不可とする。
問題2
下記の建築工事に関する用語のうちから5つを選び、その用語の説明と施工上の留意すべき内容を具体的に記述しなさい。
ただし、仮設に関する用語以外の用語については、作業上の安全に関する記述は除くものとする。
また、材料に不良品はないものとする。
足場の手すり先行工法 帯筋 クレセント
研磨紙ずり ジェットバーナー仕上げ スランプ
タイルの密着張り工法 脱気装置 タンピング
鉄骨建方時の安全ブロック ヒービング モルタルのつけ送り
溶接のアンダーカット リーマー掛け
平成20年度 2級建築施工管理 実地試験問題1・2
問題1
あなたが経験した建築工事(土木工事、設備工事等を除く)のうち、あなたの受検種別にかかる工事を1つ選び、
下記に示す工事概要を記入した上で、次の問いに答えなさい。
なお、建築工事とは、建築基準法に定める建築物に係る工事とする。ただし、建築設備工事を除く。


〔工事概要〕
イ、工事名
ロ、工事場所
ハ、工事の内容(新築等の場合:建物用途、構造、階数、延べ面積又は施工数量、主な外部仕上げ、主要室の内部仕上げ
   改修等の場合:建物用途、主な改修内容、施工数量又は建物規模)

ニ、工期(年号又は西暦で年月まで記入)
ホ、あなたの立場
ヘ、あなたの具体的な業務内容

1.工事概要であげた工事において、次の@からBの項目について、工程管理上、手配時に何をどう留意したかの留意事項とその理由を、工種名をあげ、それぞれ具体的に記述しなさい。
なお、@からBの項目にかかる工種については、あなたが実際にかかわった工種(鉄骨工事、タイル工事等)とし、同一の工種でなくてもよい。
ただし、留意事項については、同一内容の記述又は安全やコストのみの記述は不可とする。
〔項目〕
@ 材料(仮設材、本工事材料、消耗品)
A 工事用機械茜器具茜設備
B 労働力(作業員)

2.工事概要にあげた工事及び受検種別にかかわらず、あなたの建築工事の経験に照らし、工程・工期を遅延させる要因と生じる事態を工種名とともに2つあげ、それに対する遅延防止対策を、それぞれ具体的に記述しなさい。
ただし、1.と同一内容の記述は不可とする
問題2
下記の建築工事に関する用語のうちから5つを選び、その用語の説明と施工上の留意すべき内容を具体的に記述しなさい。
ただし、仮設に関する用語以外の用語については、作業上の安全に関する記述は除くものとする。
また、材料に不良品はないものとする。
型枠のはく離剤 コンクリートの回し打ち 鉄筋工事のスペーサー
鉄骨の地組 鉄骨の地組 一側足場
ビニル床シートの熱溶接工法 マスキングテープ マスク張り工法
目止め 木工事の仕口 木工事の仕口
床コンクリート直均し仕上げ ルーフドレン
平成18年度 2級建築施工管理 実地試験問題1・2
問題1
あなたが経験した建築工事(土木工事、設備工事等を除く)のうち、あなたの受検種別にかかる工事を1つ選び、
下記に示す工事概要を記入した上で、次の問いに答えなさい。

〔工事概要〕
イ、工事名
ロ、工事場所
ハ、工事の内容(新築等の場合:建物用途、構造、階数、延べ面積又は施工数量、主な外部仕上げ、主要室の内部仕上げ
   改修等の場合:建物用途、主な改修内容、施工数量又は建物規模)

ニ、工期(年号又は西暦で年月まで記入)
ホ、あなたの立場
ヘ、あなたの具体的な業務内容

1、上記の工事概要であげた工事において、あなたが実際にかかわった工種名(コンクリート工事、内装工事など)をあげ、その工種において工程・工期を遅延させる要因とその理由、及び遅延させ
ないために実際に行った対策をそれぞれ3つ、具体的に記述しなさい。
なお、工種名については同一工種名でなくてもよい。
ただし、安全やコストのみの記述及び実際に行った対策の内容が同一の記述は不可とする。

2、上記の工事にかかわらず、あなたの今日までの工事経験を踏まえて、建築工事における工程・工期を短縮するための方法及びその派生する効果又は問題点を工種名とともに2つ、具体的に記述しなさい。
なお、派生する効果又は問題点については、品質面、安全面、コスト面、環境面などの観点からの記述とする。
ただし、工程・工期を短縮するための方法については、上記1、の実際に行った対策と同一の記述は不可とする。
問題2
下記の建築工事に関する用語のうちから5つを選び、その用語の説明と施工上の留意すべき内容を具体的に記述しなさい。
ただし、仮設に関する用語以外の用語については、作業上の安全に関する記述は除くものとする。
また、材料に不良品はないものとする。
帯筋 気密シート 軽量鉄骨天井下地のクリップ
研磨紙ずり 樹脂混入モルタル タンピング
床付け トップライト ブローホール
フォームタイ 歩道切下げ ボンドブレーカー
木構造の土台 養生朝顔

下部までお読みいただきありがとうございます。
Copyright(c) 2001-2010 建築士受験 お気楽サイト  All rights reserved.