ホーム 戻る
一級建築士試験・二級建築士試験・1級建築施工管理技士、建設関連資格受験者支援サイト。
平成20年度 1級建築施工管理技士 合格体験談
コメント募集用 掲示板スレッド
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談
1、独学でしょうか。通信講座、資格学校、協会主催講習会を受講しましたでしょうか。できれば具体的に。

2、使用したテキスト・問題集を教えてください。

3、本年の試験の印象はどうでしたか。

4、今後の受験者に向けたコメントや対策等がありましたらお願いします。

5、資格取得後のあなたを取り巻く環境への期待、意気込み、社会情勢などへのご意見がありましたらどうぞ。
 
合格者のコメント集
 
平成20年度 1級建築施工管理技士 合格体験談
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:ひょこたん37才(今年38才)
1.N学院へ学科・実地講習通学しました。

2.Nテキスト、地域開発のテキスト

3.少し難しかった感じです。

4.受験される皆様、私はどうしても1建施取得したかったので3年かかってしまいましたが、モチベーションを高いレベルで維持し続ける事出来れば、必ず取得出来ると思います。対策は、追求し続ければ奥が深いので、ポイントを絞って、【広く・浅く】勉強する事が良いと思います。

5.これからがスタートだと思いますので、初心に帰って奢り無く頑張って行こうと思います。
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:名も無き防水屋
1.
建設管理センター主催の事前講習に通っておりました。学科7回、実地2回ほどだったと思います。ただ仕事が忙しく、2回ほど欠席してしまいました。

2.
名称:詳解 1級建築施工管理技術検定試験過去5年問題集 ’08年版
発行:成美堂出版
価格:1,575円

地域開発の参考書が有名だと知ったのが試験後でした。
個人的に成美堂のものが見やすくて気に入りました。

3.
学科試験の難易度は(個人的には)難しかったような気がしました。ただ、土木・設備・電気の問題が過去問と同じような問いだったので、やりやすかったです。
実地試験は、はっきり言って救われました。
環境系が来たら厳しい戦いになると思っていましたが、(意外にも)品質管理。オーソドックスで、素直な問いだったので、個人的にはやりやすかったです。

4.
学科試験受験される方、様々な職種、経験をお持ちの方だと思いますが、合格への一番のポイントは、やはり「過去問題を徹底的にやる」に尽きると思います。
私は過去7年分、問題を暗記するくらいやりこみました。私の会社は防水屋で、建築一式や躯体絡みは全くの素人でしたが、この試験は満点を目指す試験ではありません。取るべく問題は必ず取り、自分の得意な範囲で得点を伸ばす。6割で合格なんですからね。

私見ですが、私が得点限としたのは、前述の設備・土木・電気の範囲の問題と、法規でした。毎年同じような問題が出るので、勉強すれば必ず得点に繋がるので勉強はしやすいと思います。
実地試験は知識と経験、そして試験官を納得させる文章力が必要です。

経験と知識はこの試験を受験される方ならお持ちだとは思いますが、それをいかに伝えるか。ある程度の慣れが必要ですので、可能であるならば、ご自身で書いた解答を資格を持っている上司・同僚や試験機関などに添削してもらうことをお勧めします。実地に限って言えば、過去問の丸暗記とはいかないので、早めの対策(出来れば2ヶ月以上)をお勧めします。

5.
今般、初受験で合格させて頂きました。
色々なご意見はあるかとは思いますが、難解な試験であることは確かであり、またそれに見合う価値のある資格だと思います。
資格取得後、社内での評価も格段に上がりました。

日々の忙しい業務の中での勉強は大変苦労するかとは思います。
ただ、合格発表見た晩のビール、本当に美味しかったですよ(笑)
21年度受験される方のご健闘、心よりお祈り申し上げます♪

 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:浪人生
1.1年目、学科…独学で合格、実地…独学で不合格。
  2年目、実地…S資格学院実地通学コースで合格。

2.学科…(財)地域開発研究所の過去問のみ。
  実地…S資格学院のテキストのみ。

3.躯体が苦手でしたので、今年は仕上げの年でかつ経験記述が品質管理でしたので、私の最も得意とする分野で良かったです。合格は、たまたまです。とにかく、ノートにいやという程、毎日夜、書き込んでいました。野球選手が素振りをするのと、同じ感覚でしょうか。

4.まず学科は、過去問のみを5年分何回も解きました。すると、問題の傾向がすぐに分かります。過去問を満点近くとれるようになることが出来たので、本番でも楽に臨めました。2か月程勉強した結果、独学で52点でした。実地は、とにかく過去問も含めて、徹底的にノートに書きまくりました。手が腱鞘炎になるくらいでしょうか、野球選手が手に豆をつくるのとよく似ている気がします。S資格学院の実地コースでさらに自信が付きました。感謝しています。

5.合格したときは、本当に信じられなかったです。今年は厳しい予想をしていましたので。ただ、社内評価は、かなり上がりました。これに満足せず、次の資格の勉強を始めました。野球選手が次のタイトルを狙うのと同じ感覚でしょうか。今年、受験される方へ、『努力は必ず報われます!』地道な努力を毎日した人が最後には勝ちます!「人間やってやれないことはありません。」
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:独学初受験
1.独学

2.ネットから過去問(学科・実地)をダウンロードして繰り返しやり、オークションで記述例を購入しました。

3.初受験でしたが、学科のほうが難しい印象でした。実地は過去問が多く出題されていた印象がありました。

4.私は一昨年から1建士の勉強をしていたので、その延長上的な勉強しかしていないのが現状です。ただ、学科対策は直前2週間で6年分の過去問解きまくり・実地対策は2建士製図試験終了時から試験日まで、購入した記述例を参考に、6年分の過去問を毎日3時間以上勉強しました。
経験記述に関しては、やはり実際に何パターンも書かないと実際試験ではうまく表現というか、論理的な文章が書けないと思います。

5.社会的にはあまり認知されてない資格なのかなって感じがしますが、1級と名のつく資格ですから、やはり周りの見方は変っていると感じています。私自身初受験でしたので、発表までは毎日落ち着きませんでしたが、資格証を手にした今思うことは、がんばってよかったという思いです。1建士は不合格でしたが、努力は必ず報われると信じ、毎日がんばっています。
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:今年合格者
1、独学。

2、学科、実地とも地域開発研究所の問題解説集

3、初受験でしたが 過去問と似たような問題ばかりで簡単に思えました

4、学科はとにかく 過去問を多く解くことだと思います。 はじめは10年分の問題を解くのに20時間くらいかかっていたのが回数を重ねるうちに 10年分の問題が1時間くらいで解けるようになっているはずです そうなれば
過去問を理解しているはずです。

  実地は問1も大事だけど 問2〜問6をおろそかにしないことです 問1だけ解けても合格点に届きません 問1で削られた点数は問2〜問6で挽回するという気持ちで! 経験記述に関しては 専門的なキーワードを考えておくといいのかもしれません。

5、試験には合格しましたが まだまだこれから一級の名に恥じぬように建築のことを勉強を続けていこうと思います。

21年度受験される方のご健闘、心よりお祈り申し上げます
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:dai
1.独学

2.学科:S学院の過去問題集
  実地:地域開発研究所の問題解説集

3.学科は2級建築士や衛生管理者の資格を取ったときの知識が役立ち過去問のみの対応で55点/60点でした。
実地は通勤電車で読み休日に書いて覚えました。読んで覚えたつもりでも書こうとすると意外とかけないので。

4.建設業なので周りに結構受験者がいてよい刺激になりました。学科はとにかく過去問から解ける問題が多い気がします。実地も細かい設問の中には過去問があり、どちらも過去問5年分ぐらいは全問解答できるようにしたほうがよいと思います。

5.他の書き込みでいろいろありますが、施工管理の資格はこれから重要になってくると思います。
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:abc
1.独学
2.学科:総合資格学院 実地:近代図書
3.並
4.学科は過去問
  実地も帰するところ過去問
5.景気は回復するはずです。

追記;この掲示板からは、たくさんの情報を提供してもらいました。特に実地の点数配分予想は参考にないました。有り難うございました。
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:トトロ
1.学科:日本建設情報センター(CIC)主催講座
 実地:1回目 日本建設情報センターCIC)主催講座
     2回目 地域開発研究所主催講座

2.学科・実地
 地域開発研究所発行「1級建築施工管理技士問題解説集」
    「1級建築施工管理技術テキスト」
 
 彰国社発行「1級建築施工管理技士実地試験の完全攻略」

3.建築士の勉強も行っており、模擬試験や過去問題等もこなしていたので、難しいと言う印象はありませんでした。
しかし、実地試験では、記述式の問題がありため的確に答えるのが難しかったです。

4.学科・実地とも講習会を通じ受験対策のポイントを確認できました。学科では過去問題を重点的に行うとよいでしょう。
自分で試験まで工程表・時間割りをつくり毎日のノルマや過去問題の実施を行いました。

実地試験は、現場から離れていましたが自分の実務経験を整理しました。また、経験の浅い部分は近所の建設現場等の状況を参考に自分流の作業手順等を確認しました。また、テキスト内容と自分の経験値が食い違う場合があります。正確にテキストの内容で把握しておくことが必要になります。

自分や考え、実務経験を的確に記述できる訓練を行うことをお勧めします。思ったより難しかったです。
学科と実地では、短期講座を活用し受対策のポイントを知ることができました。独学だけでは得られない内容を覚えられました。
私の場合、建築士とW受験を行った関係上、自分流のノルマ・工程表を作成しました。

受験まで数ヶ月間を要します。毎日、毎週、毎月のノルマを整理し自分流の受験対策工程表を作成してみてください。学校へ通学されている方は学校のスケジュールで十分だと思います。その工程表を参考に無理せず実施してみてください。しかし、長丁場の場合、眠いとき疲れているときは時々息抜きをする時間を作ってください。
検討を祈ります。
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:SS
1.独学
2.学科 図解でよく解る1級建築施工管理技術検定試験
 実地 近代図書の1級建築施工管理技術検定実地試験
        問題の解き方(かなりいいと思います)

3.どちらも難しいとは思わなかったです。2年前の2級のほうが難しく感じました。やっぱり現場経験だと思います。
2級は経験3年目で1級は5年目で受けました。

4.学科は過去問を繰り返す事、実地は経験記述例を複数読んで自分の経験に置き換えることだと思います。

5.せっかく1級とって経験が5年になったのに、世の中の景気が悪すぎて、転職予定ができなくなった。自分の人生ついてなさすぎだと思った。半年前はまだどこも募集してたのに・・・うちは手当ても監理技術者の費用もなんもでない。
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:3度目の正直
1.日建及び独学
2.学科・・・日建テキスト・オーム社学科試験の完全対策
  実地・・・日建テキスト・近代図書実地試験問題の解き方

3.学科・・・例年並み 実地・・・やや優しめ

4.学科は問題集をマスターすれば受かります。
  実地はまず、問題の趣旨をよく理解して回答する様に気を付けてください。あくまでも試験ですので、難しい答えを書いても試験管も?では結果×となりえます。

5.厳しい目線の顧客の満足をあげる為に、品質・対応・安全等のレベルの底上げをして行きたいです。
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:もうすぐ50
1、独学。H18に1建士合格。H18年実地不合格。H19申込み忘れ。H20実地合格

2、最初は「H18年版1級建築施工管理技術検定実地試験問題の解き方 建築施工管理技術研究会」。年別の分けのみで記述問題の解説が少ない。
今回は「1級建築施工管理技術検定実地試験問題解説集(改訂第6版) 地域開発研究所/3260円」年別の分け方ではなく、項目毎に過去問題を分けてありわかりやすい。

3、実地:過去問を十分されていた方には難関では無かったように思います。

4、仕事から帰って食事して、睡眠と勉強時間の取合いで精神的にしんどいでしょうが、「今、頑張れば必ず合格する」と自己暗示することも大切です。
やはり最低でも過去問題を解いて理解し、自分の糧とすることが必要だと思います。もうすぐ50才になりそうな親爺でも受かったのですから、皆様がんばって下さい。

5、木造建築を中心としている会社ですので、殆ど実体験が薄いですが、「顧客要求事項・品質管理等」に関してはISOの趣旨に沿った部分が多く参考になると思います。
これからも誠実な対応で失墜した建築業界の回復に努めたいです。
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:50歳@下関
H18 学科  実地
    独学    N学院→不合格
H19  パス  独 学→不合格 市販のテキスト及びN学院の模擬試験問題をもらった。
H20  独学  通信講座(どこだったか忘れました。関西あたりの業者だったような。)及び「写真でみる現場管理」と言った感じの写真がたくさん掲載されている、初心者用の現場施工テキスト。

さすがに3年目は、必死こいて勉強しました。過去購入した、テキストを全て、ノートに書き写しました。

3.簡単と言う感じではありませんでしたが、手ごたえはかなりあった。

4.学科は、かなり簡単に感じますがこれをしっかりやっておかないと、結構実地で苦戦する気がします。

5.私は、50歳でようやく合格しましたが、若い方々には少なくとも、30代半ばでは取得するようにされた方が良いと思います。現場経験が豊富にある方なら間違いなく、楽に取れると思います。何だかんだ言って役所の見方としては、一級は絶対です
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:オーバーラップ
1.学科は独学。実地は総○資格。

2.学科は地域開発研究所の問題解説集(最近の傾向は過去問の出題が多いのでこれ一冊で充分。)

実地は総○資格のテキスト(本は分厚くないしきれいにまとまってると思います。一般的なRCでリアルな記述例なのでGOOD!! にっけ○はSRCばかりで格好つけすぎ、だめだね。

3.簡単ではないですが、予想通りの品質管理だったので出来ました。書式が少し変わってたので慎重に書きました。合理化と環境対策も作ってました。

4.私はRC、S造の経験は全くなかったですが一般的にはRCが一番書きやすい。合理化、環境、品質でなにを聞かれても自分で問題をつくって答えられるようにしとけば万全でしょう。そのためには身近な詳しい人に聞き添削、誤認を正してもらうことです。繰り返し書くことです。
そうすれば本試験はスラスラ書けます。

5.公共・民間工事ともに経験を積み、安全第一に技術指導力、プロセスコスト管理に優れた監理技術者になります!
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:神になされるがまま
1.独学初受験

2.学科:総合資格学院 実地:彰国社発行「1級建築施工管理技士実地試験の完全攻略」

3.学科は57/60でした。尚総合資格学院の問題集過去10年分を6回しました。もちろん回答も熟読し。実地はみまさんと同じで過去10年分の問題に対処できるように工程、安全、品質、環境、等対応できるようにしましたが、第1問の回答要求が変則だった為、実地は落ちたと思いました。実地は難しかったです。

4.学科は過去問を学習すれば必ず合格出来ると思います。実地については身近に1級建築施工管理技士が3人もいますので疑問点を事細かく教えてもらいました。勉強時間は酒がすきで夜は出来ないので毎日朝5時より1時間30分休みの日は4時間おこないました。要は勉強時間のトータルだと思います。尚1級土木施工管理技士を20年前に取得しています。

5.転職により必要にせまられ取得しました。ただこの資格を生かすには、過去の工事実績が必要だと考えます。ただ49歳での挑戦はけっこうきつかったです。これから挑戦される方ガンバッテください。追伸58歳の挑戦者さん、ハサミさんいかがなさっていますか。最近このブログへの投稿がすくないので思い切ってとうこうしました。
 
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:建築経験4年
1.独学です
 建築士の勉強と平行して勉強しました
 
2.学科試験 - S資格の10年過去問を3回やりました
        勉強期間は2週間 1日2時間程度です
 実地試験 - 建築士の施工のテキスト
        タイトルを忘れましたが村瀬著のテキストでした

3.学科は満点取れるくらいの自信がありました
 実地は穴埋め問題が不安でした

4.会社内で資格取得の研修をやったのですが、その際に外部講師として以前、実地試験問題の作成と採点を行っていた方が講義をしてくれました
その方が言うには、試験地で2名が実地試験の採点を行うようです
一人は役所関係、もう一人は民間から
基本的に、大規模建築工事の管理を目的にした資格なので、経験記述も大規模のもののほうが良いようです
役所工事を記述した場合、PCで検索して調査するとの事でした
民間工事も住宅地図などを用いて、実際に存在するか調べる事もあるようです
試験に関しては、学科は過去問をひたすらヤル!につきると思います
実地は自分が経験したことを良く思い出して、落ち着いて整理し、大きく書く!だと思います

5.資格取得後、監理技術者として所長になり仕事の幅は広がります
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:kk
1.N学院(学科免除で実地のみ)

2.N学院のテキスト(市販品)と問題集(オリジナル)
に加え、井上書院現場管理ハンドブック

3.試験終了直後は、思ったより簡単だと思いましたが、自己採点して問4-6が間違いだらけで落ちたと思いました。

4.実地は経験記述をひたすらかきこみました。電車の中では現場管理ハンドブックを見てました。効率よく勉強するためには、少しでも隙間時間をみつけて毎日勉強する事かと思います。

5.現在は設計の立場での仕事をしていますが、今回の勉強を通じて、施工関連のあやふやだった知識が少しついたと思います。テキストも捨てずに、継続して知識向上を図り、現場での応用が利くよう身につけていきたいと思っています。経験が一番役に立つと思いますけど、まず資格を取ってから実務って感じです。少しでもお役にたてれば。
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談 投稿者名:初挑戦者
1. 
学科は独学
実地はS学院のDVD講座(19年度のでしたが)

2.
学科:誠文堂新光社の「図解でよく分かる1級建築施工管理技術検定試験」と、成美堂出版の過去5年問題集
実地:S学院の19年度版テキストと近代図書の「実地試験問題の解き方」
3.
学科は例年通りの問題。自己採点で合格ラインをクリアしたので自信がありました。
実地は第1問で出題者の意図がわかりにくかったのですが、それは他の受験者も同じだろうとおもい開き直って書きました。 その他の設問は専門的な事が少なかったのでひょっとしたらいけるかな?と。
4.
学科試験まであと1週間。 最後のあがきで詰め込んで下さい。 結構覚えているもんです。
実地試験について、私自身は専門が土木ですので法令関係や外構工事、コンクリート関係の知識以外はテキストをひたすら覚えたのと、経験記述については、作文の丸暗記ではなく、模範解答を基にわかりやすい文章を書けるように訓練しました。
何回も試験を受けるのは時間もかかり負担も大きくなります。 私は勉強が嫌いなので「これっきり!」と思い集中して勉強し、一発で学科・実地とも合格できました。 実地は問題に恵まれた感もありますが運も実力の内と思います。  みなさんも頑張って今年度の合格を目指して下さい。
 
 平成20年度 1級建築施工管理 合格体験談
コメント募集用 掲示板スレッド
Copyright(c) 2001-2009 建築士受験 お気楽サイト  All rights reserved.